Home

残業代は、労働者の命と健康を守るために、8時間以上働かせた雇い主に課せられたペナルティとして定められたものです。

残業代の不払いは単なる民事上の問題ではなく労働基準法で犯罪行為であるとされていますが、これは単にお金の問題ではなく命と健康の問題だからです。

現在、雇い主は、管理職だから、固定残業代だから、裁量労働制だから、年俸制だから、給料に含まれているからなど様々な理由を付けて、残業代の不払いが横行していますが、使用者の言い訳はほとんど認められません。現在の法律は残業代が命と健康の問題であることを前提に、極めて例外的にしか残業代の不払いを認めていないからです。

これをご覧になっている方は、会社に対する複雑な思いから残業代を請求するか迷っている方もいらっしゃるかと思います。しかし、繰り返しになりますが、残業代の不払いは命と健康の問題です。あなた自身とあなたの現在と未来の同僚のためにも残業代の請求を躊躇する必要は一切ありません(ただし、在職中の方については、在職中の方へをお読みください。)。

当事務所では、残業代のご依頼は、完全成功報酬制(税別20%)で受けております。相談も残業代の相談に限っては無料でお受けしています。従いまして、報酬は実際に回収できなければ発生しませんので、安心してご相談ください。